na_mo101224のブログ

ロウニンセイのわたしの日々です。

☆彡.。 こくご

 

今日読んだ国語の評論文に

 

人間はなにか行動を起こすとき

『迷い』がある

誰かに呼ばれ、返事をし振り向く。

迷っているように思えないが、

それは、呼ばれたときにするいくつかの対応から選ばれて行われた行動。

と思うと、何かしらの『迷い』があるとなる。

 

こんな評論文だった。

この文での『迷い』とは、

いくつかの選択肢から選択されるというもの。

 

 

確かに。とおもった

わたしもバイト中、

『すみませーん。』

と声が聞こえたら、たまに聞こえないふり、

または私じゃないと思うふりをしてしまう。

これも、わたしが

(お客様の要望にすぐには答えれず、迷惑がかかってしまう)

という判断からの行動だ。

 

もちろん、答えられるように走り回るし

出来るだけ早く応えてあげたい。

でも、自信がない。

そんなわたしが選択した行動が

聞こえないふりだ。

 

 

この文のように、すぐに反応してあげれるぐらいになりたいとおもった